FC2ブログ

星の子プロダクション社長のブログ
毎日、自作絵のアップ

3月1日(日)

本日は3月最初の日曜日。早いものでもう3月です。「似顔絵ショップ星の子」では今月も、多くのお客様に、感動の似顔絵を提供させていただきます。

「今日の一枚」
2009-3-1-1.jpg
「スケッチ」
クロッキー教室でのスケッチ。クロッキーしている絵描きさんの足、モデルさんを一枚描いて、時間が余ったら、画家さんの足を描く。こんなことをしてるのは私だけかな。この教室では、モデルさんを2時間くらい描いた後、1時間くらい画家さん達、互いにモデルになってクロッキーする。私は、今はそれには出ない。早く帰って仕事をする。

今日は朝早くでかけ、今帰宅。早速ブログに取りかかる。

「日光江戸村似顔絵ばなし」
「であえっ!、であえっ!、であえっ!」いつも突然聞こえてくる。江戸村村内での「捕り物劇」の始まりであった。私たちが似顔絵を描いていると、似顔絵処の前を役人が3~4人勇ましく走り抜ける。そのうち、黒ずくめの忍者が登場する。激しい音楽が鳴り、似顔絵処の横の広場でチャンバラが始まる。役人と忍者は斬り合い、忍者は三四回宙返り。パッと消えたと思ったら「火の見櫓」のてっぺんから姿を表す。それを火縄銃で役人が撃つ。「パアーンッ」忍者に当たり、忍者は上からくるっと一回転して下に落ちる。下にはお客には見えないマットがあり、それに「どすんっ」と落ちた音がする。お客は大喜び。楽しい見せ物だった。
5時すぎ、村にお客がいなくなり、終了業務を終え、私たちが帰ろうとすると忍者役の役者達が「火の見櫓」の上から飛び降りる練習をやっている。くるっと一回転して落ちる。真剣にやっていた。当然だ、命がけだ。私は江戸村似顔絵師を辞めても、時々江戸村に遊びで行くが、この飛び降りショーを見るのを期待していく。でもやっている時もあれば、やらないときもある。しょうがない。江戸村の役者さん達はいつも一生懸命で、真剣で体当たりだ、すごいと思う。この役者さんの心意気が私は大好きだ。

 あちらかと思えばこちら春と冬



  1. 2009/03/01(日) 18:46:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ