FC2ブログ

星の子プロダクション社長のブログ
毎日、自作絵のアップ

5月1日(金)

「似顔絵ショップ星の子」では笑顔でお客様に挨拶しています。お気軽にお声をおかけください。

「今日の一枚」
2009-5-1-1.jpg
「着色クロッキー女性」
色を荒っぽく塗った。ちょっと感じを変化をさせるため。

「帰ってきた 日光江戸村似顔絵ばなし 第一話」
似顔絵処の仕事が終わってから、時間が沢山あった。しかし、アパートの周りは畑と山と林と川ばかりだった。
はじめの一時期、自動車が使えたことがあった。我々の居る2階のアパートの1階部分が江戸村村内の、あるお店の事務所と社長さんの自宅であった。北川さんとTさんと私のいつもの3人の早い夕食の時、北川さんが「下の事務所の社長さんが以前、親切に、会社の車を使って良いよと言ったことがある」と切り出した。私たちは日光で働いているので当然いろんな所を観光したい。しかも私は免許を持っている。3人で相談して「ガソリン満タンにして返せば本当に貸してくれるよ」と言うことになった。「じゃっ秋久くん、借りてきてくれ」と北川さん「えっ、そりゃ無理、やっぱり北川さんでしょう」「そうか、よしっ」北川さんが先頭になり、みんなで借りにゆく。事務所には社長さんはいなくて社員さんがいる。北川さんはいきなり切り出すのでは無く、世間話から始める。さすが北川さん、うまいぞ調子良いぞ。その後さりげなく車の話に持っていったぞ。「あっ社長が良いというなら良いですよ。使ってください」社員さん。やった、うまく借りられたぞ。さすが北川さん、やるな。しかし、だいぶ時間がかかったなあ、まっそれはしょうがないか。私たち3人は喜んで「どこへ行こう」「もちろん、華厳の滝」「よしっ」北川さんはカメラをしっかと握りしめる。Tさんはいさんで車に乗り込む。私はハンドルを握る、がっ地図がない。「まっいいか、何とかなるだろう」幸い走り出すと道路に日光行きの標識が沢山出ていて運転しやすかった。ところで、だいぶ走っているのにまだ着かない。曲がりくねった道になってきたぞ。すごい登り坂だ。そうかこれが日光いろは坂か?。しかしだんだん暗くなってきた。運転はだいじょうぶか。ハンドル切り損なって「山の斜面を真っ逆さま」は無いようにしないと。やれやれすっかり日が暮れてしまったぞ、まだ着かないか。北川さんが車を借りるのに時間が掛かったからだ、ぐちりたくなった。やっと華厳の滝に着いた。でもあたりはもう真っ暗。駐車場には人っ子一人いない。滝がどこにあるのかわかりゃしない。北川さんのカメラも肩すかしを食らったよう。なにをしに我々はここまで来たんだろう。駐車場の自動販売機でお茶を買い「今度はもっと早く車を借りないとな。さっ帰ろう」Uターンして帰りました。(続く)



  1. 2009/05/01(金) 06:35:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ