FC2ブログ

星の子プロダクション社長のブログ
毎日、自作絵のアップ

10月17日(金)

昨日は星の子パーティー。
今日は朝からシフト表づくり。
そして時々ブログ。

今日の一枚
2008-10-17.jpg
「青春」
 私は30才くらいで東京に出てきた。以前から絵を仕事にしたかった。油絵を描いたり、版画を習ったり、漫画も書いたり、なかなか上手にならなかった。3年位して、ある時、たまに社会勉強と思って、参加していた市民グループのバザーを手伝った。小学校の運動場でみんなで古着などを売っていた。私はその時ふと、似顔絵を描いてみようと思いついた。始めて似顔絵を描いてお金を受け取る。1人300円くらいだったかな。B4の画用紙に鉛筆で描いてクレヨンで着色。当時好きだった絵本画家「岩崎ちひろさん」の絵を思い出しながら描くことにした。お客さんは子供ばっかり。私は自分に「今までいっぱい色んな絵の練習をしてきたではないか、きっとうまくいくよ」と思いこませた。
 一枚目、初めての子供を書き出す。なんと描けるではないか。銀色の鉛筆の線が画用紙をスーと走る。子供のぽっちゃりしたほっぺたや細い髪の毛を可愛く表現できている。自分で言うのもなんだが「岩崎ちひろさん」の描く子供にそっくり、愛くるしくて。2枚目、3枚目もそんな感じでだんだん調子が出てくる。嬉しかった、涙が出てきそうなくらいだった。今までの練習が今報われたと思った。嬉しくて嬉しくて、10枚つらい描いたとき、私は頭上から青白い稲妻に「ピカッ」と全身を打たれた。何だったんだろう。私はその日から、どうしてこの似顔絵を仕事にしていけるだろうかと考え出しました。

 閉じこもり記憶は巡り外は秋



  1. 2008/10/17(金) 10:48:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akihisakoji.blog17.fc2.com/tb.php/145-2c4c8668
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)