FC2ブログ

星の子プロダクション社長のブログ
毎日、自作絵のアップ

10月25日(土)

本日は10月最後の土日。
「似顔絵ショップ星の子」では皆様の楽しい外出の記念の似顔絵を、心を込めてお描きいたします。画家とスタッフ一同、たくさんのお客様のお越しをお待ちしています。

「今日の一枚」
2008-10-25-1.jpg
「長い髪の女性」
スタイルの良いモデルさんを描きました。オイルパステルを塗って仕上げました。

「今日の二枚目」
2008-10-25-2.jpg
「立ちポーズのヌード」
女性のヌードはとても綺麗ですね。日本の女性の身体もとてもすてきです。

 私のビートルズ
ビートルズのレコードデビュー「ラヴ・ミー・ドゥ」は1962年、私が11才の頃。
私が始めてビートルズを聴いたのは中学1年生の時です。
私たちの教室の近くに音楽教室がありました。お昼休み、誰かから「音楽教室でレコードを聴いているらしい、行こう」と声が上がった。いつも音楽教室には立派なステレオが「ドンッ」と置いてあった。行くと、数人の生徒が先生に黙って勝手にそれを使っていた。「静かにしろよ、先生に言うなよ」とか言ってる。鳴っていた曲は「抱きしめたい」「プリーズ・プリーズ・ミー 」「シー・ラヴズ・ユー」「ラヴ・ミー・ドゥ 」など、初期の曲。私は驚いた。かっこいい。これが本当の音楽だ。その日から毎日、お昼の食事が終わると10数人音楽教室に集まった。私の家でステレオなど買えるはずもなく、ビートルズが聴ける唯一の時間だった。私たち生徒だけのコンサート。楽しかった。いつの間にか、先生に黙って勝手にステレオを使っていることは忘れた。平気で毎日音楽教室を使った。
後で音楽の先生に聞いたが「先生は知っていたが、みんなが音楽を好きになってくれたらと何も注意しなかったんだ」と言っていた。優しい音楽の先生だった。後になって、人の世話になるとはこういうことを言うのかもしれないと、考えたことがあった。。
それから、音楽雑誌を持ってくる生徒もいた。写真で外国映画スターや歌手が載っている。ビートルズの写真は食い入るように見た。また、日本のヒットしている歌謡曲レコードを持ってくる生徒もいた。それまでの田舎の中学生がポップスと言う音楽に目覚めた瞬間です。私はその頃から、何か新しい文化が始まったような、予感のようなものを感じた。
その日からジョンレノンが死ぬまで、ずっとビートルズと永い付き合いがありました。私のそばにずっといた感じ。いや、今でもいます。



  1. 2008/10/25(土) 19:07:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akihisakoji.blog17.fc2.com/tb.php/158-d0a0c1fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)