FC2ブログ

星の子プロダクション社長のブログ
毎日、自作絵のアップ

2015年1月29日(木)

プレゼントに似顔絵を!
 記念日に似顔絵を!
 思い出に似顔絵を!
 「似顔絵ショップ星の子」





2015-1-29-1.jpg
「西田敏行」




「諸行無常物語」

今日も還暦画家A氏は似顔絵を描いてもらう旅を続けていた。
町を歩いていると『もしも似顔絵が描けたなら』の看板を発見した。


還暦画家A氏     「こんにちは。あの『もしも似顔絵が描けたなら』の看板を見たんですが、ここは何ですか?」
もしも似顔絵師   「いらっしゃいませ。私『もしも似顔絵が描けたなら』の似顔絵師です」
還暦画家A氏     「よく分からないんですけど」
もしも似顔絵師   「分かりますよ、よく分からないということでしょう」
還暦画家A氏     「はいっよく分からないんです」
もしも似顔絵師   「分かりました」
還暦画家A氏     「分かるように言ってくれますか」
もしも似顔絵師   「分かるように言います」
還暦画家A氏     「お願いします。よく分かるように」
もしも似顔絵師   「私は似顔絵が描けないということが分かりますか?」
還暦画家A氏     「そう言われるんだったらそうでしょう、分かりました」
もしも似顔絵師   「でもここは似顔絵ショップなんです、分かりますか?」
還暦画家A氏     「分かります、でもそこがよく分かりません」
もしも似顔絵師   「分かりました。分かるよう説明します」
還暦画家A氏     「よく分かるようお願いします」
もしも似顔絵師   「分かりました。私は似顔絵が描けない似顔絵師なんです」
還暦画家A氏     「はいっ分かりました」
もしも似顔絵師   「分かりましたか?」
還暦画家A氏     「いえっ分かりません」
もしも似顔絵師   「分かりませんか?」
還暦画家A氏     「分かりません」
もしも似顔絵師   「どうしても分かりませんか?」
還暦画家A氏     「分かりません。分かりませんか?」
もしも似顔絵師   「分かります。分からないんですね?」
還暦画家A氏     「はいっ分かりません」
もしも似顔絵師   「では分かったと仮定しましょう」
還暦画家A氏     「なぜですか?分かりません」
もしも似顔絵師   「分からないですか?」
還暦画家A氏     「わかりませんけど」
もしも似顔絵師   「分かったという仮定ですよ」
還暦画家A氏     「なぜ仮定するのかが分かりません」
もしも似顔絵師   「仮定ですから分かってほしいです」
還暦画家A氏     「分かりたくないです」
もしも似顔絵師   「分からない方ですねえ」
還暦画家A氏     「そんな『分からない方ですねえ』と言われるのが分からないです」
もしも似顔絵師   「すいません、それでは分からないということにします」
還暦画家A氏     「当然です、誰でも分かりませんよ」
もしも似顔絵師   「分かりました、それでは別の言い方で分かるようにしましょう」
還暦画家A氏     「本当に分かるんでしょうか?」
もしも似顔絵師   「分かります、必ず分かります」
還暦画家A氏     「分かりませんよ」
もしも似顔絵師   「分かりませんかねえ」
還暦画家A氏     「分かりません」
もしも似顔絵師   「それでは、なぜ分からないかということから、解明しましょう」
還暦画家A氏     「えっなぜそんなことを解明する必要が有るんでしょか?分かりません」
もしも似顔絵師   「ウーン困った。これも分かってもらえませんか?」
還暦画家A氏     「ええっ分かりませんとも」
もしも似顔絵師   「ではなぜ分からないかということは解明しないことにしましょう」
還暦画家A氏     「分かりました」
もしも似顔絵師   「それではどう言えば分かってもらえますか?」
還暦画家A氏     「えっなぜそんなことを私に聞かれるのか私には分かりませんけど」
もしも似顔絵師   「分かりました。撤回します」
還暦画家A氏     「当然です。分かるでしょう」
もしも似顔絵師   「では何が分からないんですか?」
還暦画家A氏     「えっ『何が分からないんですか?』なんて、絵描きさん分かってなかったんですか?」
もしも似顔絵師   「私何がなんだか分からなくなりました」
還暦画家A氏     「分かりました、それでは私が説明しましょう。なんで私がこんな説明しなけりゃならないのかが分かりませんが」
もしも似顔絵師   「すいません、よく分かるようお願いします」
還暦画家A氏     「私が分からないのは、なんで『もしも似顔絵が描けたなら』の似顔絵師が似顔絵が描けないのか?ということです」
もしも似顔絵師   「分かりました。ここは『もしも似顔絵が描けたなら』の似顔絵ショップだからです」
還暦画家A氏     「分かりません」
もしも似顔絵師   「分かりませんか?似顔絵が描けたらここの似顔絵師になれないんです、分かりますか?」
還暦画家A氏     「分かりました。でも分かりません」
もしも似顔絵師   「なにが分からないんですか?」
還暦画家A氏     「私が分からないのはなぜ似顔絵が描けない人が似顔絵師なのか?ということです」
もしも似顔絵師   「そういうことなんですね、分かりました」
還暦画家A氏     「分かりましたか?」
もしも似顔絵師   「分かりました。それは『もしも似顔絵が描けたなら』の似顔絵ショップだからです」
還暦画家A氏     「それはさっきも聞きました。それが分からないと言ってるんです」

         それから、還暦画家A氏はもしも似顔絵師と2時間ほど話して『世の中には分からないということが有るんだなあ』と分かってあきらめて帰って行きました。




「今日の一句」

雪予報
ああほどほどにほどほどに


  1. 2015/01/29(木) 20:21:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akihisakoji.blog17.fc2.com/tb.php/2505-d4c7a443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)