FC2ブログ

星の子プロダクション社長のブログ
毎日、自作絵のアップ

6月7日(日)

「似顔絵ショップ星の子」では、お写真からもお描きしています。顔の大きく写っている写真を2~3枚お持ちください。お写真からの似顔絵はプレゼントに大変喜ばれています。

「今日の一枚」
2009-6-7-1.jpg
「着色クロッキー 男性」
クロッキーの教室では10分間、モデルさんがじっとしていてくれる。私は飛ばせば2~3枚描けたりする。しかし最近は、10分間で1枚にした方がいい絵が描けると思い、ゆっくり間違えないように描く。油性インクのペンなので消せない。緊張感が有り、いい絵になる気がする。

「帰ってきた 日光江戸村似顔絵ばなし 第二十五話」
似顔絵処の絵師は私と北川さんの二人の日がしばしばあった。しかし仕事が終わり、私は北川さんと一緒に行動するのが飽きてきた。北川さんはアパートで色々仕事をしていた。私は「北川さん、今日はちょっと今市へ行ってきます」「うんっ」と北川さんの返事。アパートで着替えをし、サッサッっと出発、下今市駅に着いたら当時近くにあった「スーパー長崎や」で日用品を買い、本屋に寄り、その後食事。それから「シュガーアイランド」という喫茶店でコーヒーとケーキ。「シュガーアイランド」は駅前のビルの2階にあり、大きなガラス窓で眺めがとても良かった。若者が多く、カップルのデートコースだろう、楽しそうにたくさんの二人づれが語り合っている。そして店内には、当時のはやりの音楽がいっぱい流れていた。
私はというと、ここに来ると江戸時代から現代にタイムトンネルで逃れてきたみたいで、ほっとして幸せな気分に浸れた。
江戸村で仕事をしなくなっても、この喫茶店は懐かしいので時々来た。江戸村観光の帰りに寄ったのである。ある時いつものように江戸村の帰りによってみると、窓から見えた中は真っ暗。2階に上る手すりがなにやら錆びているよう。あわてて駆け寄り中を見る、「ひどい」荒れている。明らかに閉店していた。「ショック」私の青春の思い出がまた一つ消え去ったようだった。明るくて好きだった「シュガーアイランド」の電飾も壊れかかって傾いていた。時は流れ過ぎ去るもの。しょうがない、でも懐かしい。


(株)星の子プロダクション

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ
にほんブログ村

  1. 2009/06/07(日) 08:30:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akihisakoji.blog17.fc2.com/tb.php/386-e739bb3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)