FC2ブログ

星の子プロダクション社長のブログ
毎日、自作絵のアップ

2019年1月17日( 木 )

プレゼントに似顔絵を!
 記念日に似顔絵を!
 思い出に似顔絵を!
 「似顔絵ショップ星の子」




2019-1-17-1.jpg
「日光江戸村 似顔絵話 その11」(作 秋久幸士)
江戸村内には川があった。川には二本の橋が架かっている。入り口側が日本橋で、奥の方が両国橋。川には屋形船が一隻浮かんでいた。それは川べりにいつも停泊しているだけだった。ある時船が人を乗せて動くんだと聞いていた。私はそれがいつかいつかと大変楽しみにしていた。
夏休みの前頃に、いよいよ実現することになった。川に行くと若い社員が船頭になって、屋形船を動かす練習をしていた。その船頭の格好が粋だった。着物をすそからげにし、すげかさをかぶっている。そして長い竹竿を持って川にさし、突いて船を前に進める。船は一隻だけなので、こちらの日本橋とあちらの両国橋で方向転換する。おそらく社員さんたちは、竹竿で船を進めるのは初めてだったのだろう、危なっかしい竿裁きで、何日も練習していた。しかしいつまで待ってもなかなか始まらない。私は心配になってきた本当に始まるのか?
「やったー」それはいきなり始まった。日本橋の船着き場には乗船客の長い行列ができている、また向こうの両国橋の乗船場にも長い列。船には人がイッパイ乗った。ゆらゆらと水の上を船が進む、気持ちが良さそうだ、ニコニコしてる。お酒を飲みながら乗っているお客もいる。大きな笑い声がする。船頭さんもだいぶ上手くなったような気がする。
何日かすると日本舞踊の粋な先生が船に乗り、三味線を弾きながら歌って船旅を盛り上げるようになった。この先生気さくで楽しくて話し好きな男性だった。日光江戸村にぴったりの人。着流しで、都々逸なんかも歌う。私は最高に好きなアトラクションだった。私も一度乗せてもらったことがある、ゆらゆら揺られて気持ち良い。日がな一日寝ていたい。しかし、似顔絵の仕事の方が忙しくて乗せてもらったのは一度だけだった。何故か知らないが、この屋形船アトラクションはいつのまにか無くなっていた。
私は江戸村の絵師を辞めても年に一度は江戸村に行ったが、日本橋を渡ると屋形船が川べりに停泊しているのを見て寂しさを感じた。残念だった。いつしかこの屋形船もいなくなってしまった。木が朽ちていた。残念で懐かしい思い出。(続く)








⭐︎「星の子プロダクション」 http://www.hoshinoko.co.jp
ホームページ リニューアル
「オンラインストアー」注文しやすくなっています。
多くの皆様の似顔絵ご注文承っております。



⭐︎「 秋久幸士 ANTI・WAR PEACE展」開催中
会場 「星の子プダクション ギャラリー」
期間 2018年12月7日より2019年1月17日までの(火曜日・木曜日・金曜日)
時間 11時より17時


⭐︎「星の子クロッキー会:開催しております。

毎月第1木曜日と第3木曜日14:00から

第1木曜日「2019年1月3日(木)お休み
第3木曜日「2019年1月17日(木)」開催

多くの方のご参加をお待ちしています。

⭐︎「Instagram やっています」 https://www.instagram.com/koji.akihisa/

  1. 2019/01/17(木) 23:02:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akihisakoji.blog17.fc2.com/tb.php/4055-884e55a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)