FC2ブログ

星の子プロダクション社長のブログ
毎日、自作絵のアップ

6月30日(火)

「似顔絵ショップ星の子」では、その場でできる結婚式の「似顔絵ウエルカムボード」もお描きしています。披露宴会場をより楽しく盛り上げます。

「今日の一枚」
2009-6-30-1.jpg
「思い出の木」
絵の教室の卒業制作で描いた絵。ブログにそのうちアップしようかと思っていたが、有る画家から「見たい」と言われて、ならば今日アップ。
これは木です。先生からは「おもしろいなあ。これはなに?頭?」と言われた。

「帰ってきた日光江戸村似顔絵ばなし 第三十五話」
最近、私たちは銀行ATMをよく使う。でも25年前はそれほどでもなかったように思う。コンビニにATMも無かったし。
当時、銀行のATMは江戸村近くには無く、鬼怒川温泉駅まで行かないと無かった。北川さんは「銀行に用事があるから夕食は鬼怒川温泉駅近くで食べよう、君も行くか?」と言った。私は色々換わったところで食べたいから「そうしましょう」で二人電車で鬼怒川温泉駅に行く。何を食べたか忘れてしまったが食べ終わって「さっ銀行へ行かなくっちゃ。もう遅いから閉まっているかもしれないが」と北川さん、あわてて歩く。私は北川さんについて行く。へんぴなところに連れて行かれた。都内と比べて鬼怒川温泉駅近辺の夜はさみしい、人が全然いない。あたりは大変暗い。「ほんとにこんな所に銀行が有るのかいな?」と私は思う。細道の坂をまだ登っていく。狸か狐が出そう。「この坂の上だったと思う。君はここで待っていてくれ」「はい」そこだけは少々明るい街灯の下。私は人が通りかかったら、それは狸か狐かもしれない。だまされないようにしないといけないと思ったほど。幸い誰も通りかからなかった。だいぶ待たされ、暗い夜道を北川さんが戻ってきた。ほんとに北川さんか少し疑った。「いやっ間に合って良かった。みんなの支払いが有るからだいぶお金をおろして振り込んだよ。ATMでおろしたから次の人が来たら、たぶん現金がもう無くて迷惑をかけそうだ。申し訳ないけどしかたがない」と北川さん。私は銀行ATMっていくらぐらい現金が入っているのかさっぱり分からない。「そうか」と当時の私は思った。これは私はだまされたのかなあ。


(株)星の子プロダクション


にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ
にほんブログ村

  1. 2009/06/30(火) 08:50:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

電車でスケッチの似顔絵画家さん書込ありがとうございます。

私はアニメ日本むかし話の背景の山などが好きで、ついつい自分の絵にそれが出ているように思います。でもそれを狙っているんですけど。

北川さんは無くなったから、どう思うのか分からないのですが、私は「日光江戸村似顔絵ばなし」が皆さんに読んでもらえて、おもしろいと言ってくれたらうれしいです。
これからもよろしくお願いします。
  1. 2009/07/01(水) 13:11:35 |
  2. URL |
  3. 秋久 #-
  4. [ 編集]

これはまさに現代美術!

豊かな「和の空間」。豊かな詩情。それでいてどこかユーモラス。現代アートですね。そのシンプルさに戦後の日本の現代美術の大家「吉原治良」を思い出しました。モノクロームの太い線で大画面に「丸」だけを描き続けた画家です。この「思い出の木」をシリーズとして、大きな紙に描いた作品をたくさん並らべたら、、、画廊の白い空間は 深々とした森に変わり、見る人はその温かく湿度のある樹木の中に、様々なイメージや心象を読み取り、心癒されるのではないでしょうか。それと、「北川さんとATMの話」。不思議な余韻。暗闇に浮かぶATM。やはり狸にだまされのでしょうか?
  1. 2009/07/01(水) 06:46:44 |
  2. URL |
  3. 電車でスケッチの似顔絵画家 #-
  4. [ 編集]

見たかった画家さん書込ありがとうございます

この絵は四六版の半切(545×788)の大きな絵です。
モニターで見る小さくなった絵は少しイメージが変わっていました。
私は、小さくなったのを見るのも良いなあと思いました。
書込ありがとうございます。
  1. 2009/06/30(火) 21:40:25 |
  2. URL |
  3. 秋久 #-
  4. [ 編集]

わーーっ インパクトありますね!!
意外で面白い卒業制作~♪
早速UPしていただきありがとうございました!
  1. 2009/06/30(火) 21:16:39 |
  2. URL |
  3. 見たかった画家です。 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akihisakoji.blog17.fc2.com/tb.php/409-a25ab7bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)