FC2ブログ

星の子プロダクション社長のブログ
毎日、自作絵のアップ

7月10日(金)

「似顔絵ショップ星の子」では、結婚式用の「似顔絵ウエルカムボード」をお描きしています。その場で仕上げることができます。多くのお客様のお越しをお待ちしています。

「今日の一枚」
2009-7-10-1.jpg
「着色クロッキー男性」
おしゃれな男性モデル。帽子がかっこいいなあ。私は帽子は好きだが似合わない。だから買ってもすぐにかぶらなくなる。

「似顔絵街道山あり谷あり 振り返り 第一話」
30歳で東京に出てきて、35歳で江戸村で似顔絵ができるようなるまでの5年間、私にとって貴重な5年間だった。それは「若さあり、希望あり、時間あり」の楽しい時代。今から考えると、信じられないくらいの自分の自由な時間があったなあ。あの時代は何だったのか、昆虫が土の中で過ごす幼虫時代のようなものかなあ。長い時間をかけ成長する。モソモソモソ、ひたすらモソモソモソ。真っ暗だけど外敵から守られている不安の無い環境。成長し地表に出て経験する楽しさと苦労、それでやっと気がつく、地中に居た時の穏やかな日々の懐かしさ。そんなものかなあ。

そんな時代、リサイクルの情報誌を手伝ったことがある。頼まれてイラストをちょっと描いた。情報誌は、売りたい中古品と買いたい中古品の両方の情報をのせるマイナーな冊子だった。文字は手書き、字の上手な女の子が書いていた。字を書くのが下手な私は、上手な字を書く彼女には感心した。すらすら原稿を手書きする。ストローのささったコーラのコップをテーブルに置き、ウォークマンを聞きながら余裕で仕事をしていた。「どうしたら、そんな上手な字が書けるんですか」「べつに」すごいなあ、生まれつきかなあ。それとも子供の頃から字がうまく書けたのかな。私は「おれ釘のような字」ということを始めて聞いた時、これは自分の字のことだ思った。
今頃、彼女はどうしているのかな。もう結婚して子供が居るかなあ。最近はパソコンが普及したから手書きの字の仕事は減っただろうなあ。でも私はあんな上手な手書きの手紙をくれたら嬉しいなあ。

(株)星の子プロダクション


にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ
にほんブログ村



  1. 2009/07/10(金) 15:26:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akihisakoji.blog17.fc2.com/tb.php/419-c8fa3451
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)