FC2ブログ

星の子プロダクション社長のブログ
毎日、自作絵のアップ

8月12日(水)

(株)星の子プロダクション

似顔絵ショップ星の子」は、この時期大変混み合います。長時間列ばれる方も多いと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。画家は一枚一枚心を込めてお描きしています。

「今日の一枚」
2009-8-12-1.jpg
「着色クロッキー」
クロッキー教室でのスケッチ。無国籍風モデルさんと二人の生徒。右の生徒のクロッキーはうまい。それに水彩画も良いのを描く。今に売れっ子イラストレーターかな。


「似顔絵街道山あり谷あり 振り返り 第十九話」
車いすに始めて触れた時に、私は扱いがよく分からなかった。彼は説明してくれた。「ここを持って持ち上げればたためて、ここを持って押し込めば広がります。ブレーキはこうやります。階段などは周りの人など4人で持ってもらうが、この部分は待つと外れるのでだめです」とか色々教えてくれた。
彼は積極的に町に出ようとしていた。バスに乗ったり、電車に乗ったり。先ず始めに、私たちはスーパーへ買い物に。車いすの後ろには手で押すハンドルと足で押し下げるペダルのようなパイプが有る。それらをうまく使って道路を進む。道路には段差があり、段を上がる時は足でペダルのようなパイプを押し下げて、小さな前輪二つを持ち上げる。段を下がる時は回転してバックで下がったりする。スーパーに着いた頃には、私は車いすの扱いにだいぶ慣れてくる。エレベーターで上階に上がり何を買おうか見て回る、人の買い物に付き合うのも楽しいな。そのうちエスカレーターの近くで、突然彼が「エスカレーターで降りましょう」「えっエスカレーターでどうやって降りるの?」「後ろ向きに降りるんですよ」「えっ」私はその降り方を想像した、でも思い描けない。頭の中では彼と私はエスカレーターを真っ逆さま。私は「できないよ」「そうですか?こないだ初めての女の介助者のAさんはすぐできましたよ」げっすごい「私は無理無理」何とかエレベーターで降りることを提案した。その後上の階にエスカレーターで上がることを経験した。ハンドルをしっかり持って、前の階段に押しつけていれば安全に上がって行くんだ。納得。「今度はうまく降りられるよ」私は降りる姿を想像することができた。それで次からはうまく降りられたのでした。


にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ
にほんブログ村


  1. 2009/08/12(水) 06:04:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akihisakoji.blog17.fc2.com/tb.php/453-f7e06ef2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)