FC2ブログ

星の子プロダクション社長のブログ
毎日、自作絵のアップ

8月26日(水)

(株)星の子プロダクション

「似顔絵ショップ星の子」では、思い出に残る感動の似顔絵をお描きしています。お一人でもカップルご家族でもぜひどうぞ。多くの皆様のお越しをお待ちしています。


「今日の一枚」
2009-8-26-2.jpg
「大煙突のある工場」

「昨日の続きの続き」
私は小学校1年生、子供4、5人でスケッチしに山に登ったことがある。絵の好きな近所のお兄さんが言い出した。嬉しくていい絵を描く気いっぱいだった。年上の子らは水彩絵の具、私はクレヨンだった。散らばってみんな好きな方角を向いて描き始める。私も画板に画用紙を置いて描く。しかし私は絵と言う物は力が入りすぎるほど駄目になる気がする。きっといい絵が描けるぞと期待するが線を引くたびにがっかりする。それでもがんばって向こうの山の大煙突のある工場を描く。だめだ、ぜんぜんだめ。
そうだお兄さんたちの描き方を見てみよう。上手な人の後ろで描いていくのを見る。「フムフム、こうやって描くのか、さすが学校で習ってるだけあってうまいなあ」それから私は再度挑戦、2枚目の紙。やはりうまい人のやり方を見た後は調子が良い。ゴシゴシゴシッ、いいぞ、良い感じ。やった、良い絵が描けたじゃないか。私はそう思ってうれしい。そこへ年上の子が一人来て「やはりクレヨンはうまく塗れないなあ、水彩絵の具はまだ持ってないんだなあ」といって布のような物でゴシゴシ塗ってるところを擦ってくれる。絵はクレヨンの線が消えてきれいに塗れているように見えてくる。ますます良くなった。今までで一番いい絵だ。私は大満足。家に持って帰ると、近所のおじさんが見に来て「こうぼう、じょうずだなあ」こうぼうとは私である、おじさんがほめてくれる。
この経験はいつまでも忘れない。たまに自宅に帰るが、山を見るたび良く思い出す。だから私は今絵を仕事にしている気がする。


にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ
にほんブログ村


  1. 2009/08/26(水) 07:37:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akihisakoji.blog17.fc2.com/tb.php/467-b43ba9d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)